ストレス選手権 第2弾。「イヤ~な音」と「濡れたくつ下」がどのくらいストレスを感じるか!ファンケル社員が体を張って検証。

ストレス選手権 第2弾。「イヤ~な音」と「濡れたくつ下」がどのくらいストレスを感じるか!ファンケル社員が体を張って検証。

2021.01.08

不安、不便、不満、不快・・・。
ファンケルは世の中のあらゆる「不」を解消したいと考えています。
「不」、すなわちそれは「ストレス」。
この実験では、ファンケル社員4名が10種類のストレスに体を張って挑みます。そのストレス値を計測し比較しました。
一つでも多くの「不」を世の中から減らすために、文字通り体を張ってチャレンジするファンケル社員たち。
果たして結果は、どうなるのでしょうか?

ストレス選手権、第2弾は、
テスト No.003「イヤ~な音」と、
テストNo.004 「濡れたくつ下」です。

まずは、想像するだけで鳥肌!「イヤ~な音」。
蚊が耳元を飛び回る音、歯を削る音、激しい咀嚼音など・・。
選りすぐりの音たちをヘッドホンで5分間聞き続けてもらいました。

テスト No.003「イヤ~な音」

続いて、「濡れたくつ下」。
ひざ下まである長いくつ下や5本指ソックス、ルーズソックスなど、
びしょびしょに濡れた、とても不快な5種類のくつ下を用意。
順番に履いてもらいました。

テストNo.004 「濡れたくつ下」

さて、ストレス値が高いのは、どちらでしょうか?

第3弾は「お箸であずき」 と 「くさ〜いニオイ」 です!

  • LINE
ページトップへ