【5月メニュー】アスパラとベーコンのグリーンクリーム煮

2021.05.14

『学べる健康食堂』

ファンケルは、人生100年時代を健康100年時代にしたい。
ずっと、生き生きと過ごすためには健康的な生活を積み重ねていくことが大切。中でも食生活が果たす役割は大きいのです。プラス1品でおいしく健やかに!ファンケルの管理栄養士とプロの料理人が“未病”をテーマに毎回1つの食材をとりあげて、その栄養素や効率よく摂るコツについて分かりやすく解説しながら、簡単でおいしい一皿をつくります。

未病とは?

今月の食材:アスパラガス

*アスパラギン酸は、疲労回復をサポートする栄養素。穂先にはポリフェノールの一種、ルチンも含まれていて、動脈硬化が気になる方にもおすすめの食材。

選び方のポイント:切り口が乾燥していない、太くて穂先が締まっているもの。
保存方法:湿らせた新聞紙やキッチンペーパーでくるみビニール袋に入れ、立てて冷蔵。
旬の時期:春~夏(5月~6月)

アスパラとベーコンのグリーンクリーム煮

●材料(2人分
・グリーンアスパラガス…2本
・ベーコン…30g
・バター…10g
・生クリーム…50cc
・水…50cc
・黒コショウ…少々
・FANCL1日分のケール青汁(スティック)…1/2本

●作り方
(1) グリーンアスパラガスは、穂先から約7cm下から根本に向かって皮を剥く。縦半分、横半分に切る。
(2) フライパンにバター、ベーコンを入れて弱火で炒める。バターが溶けたらグリーンアスパラガスを入れ、弱火で焼いていく。
(3) ベーコンが焦げないよう注意し、グリーンアスパラガスに焼き色が付いたら水を入れ、中火で煮詰める。
(4) (3)にとろみがついてきたら、生クリームと青汁を入れて軽く煮て、ひと煮立ちしたら、お皿に盛り付ける。仕上げに黒コショウをふりかけ、完成。
<調理時間:約15分>

料理人:岡田 真帆

■料理人:岡田 真帆
[プロフィール]1987年、千葉県生まれ。
友人の影響で料理に興味を持ち、なかなか自宅で食べられないイタリア料理を作れるようになりたいと思い料理人の道へ。
老舗イタリア料理店で料理長を経験後、2020年 FANCL BROWN RICE MEALS料理長に就任。

ファンケル 銀座スクエア
https://www.fancl.jp/ginza-square/
FANCL BROWN RICE MEALS
https://www.fancl.jp/ginza-square/brm/

この記事をシェアする

  • LINE