#3「崩壊試験機」ひたすらサプリメントを溶かし続ける機械

2021.06.18

『ただアレするだけの機械あつめてみた』

第三回は、崩壊試験機。
一見、乱暴なことでもしそうな名前ではありますが、
体の中を再現した試験液で、サプリメントをゆっくり溶かし続ける機械です。
サプリメントの成分が、体内の溶けるべき場所やタイミングで溶けるように、実験を繰り返しています。

ファンケルだけの「体内効率設計」を最大限に活かすために。
ファンケルならではのこだわりです。

■研究員 上野より

ファンケル研究員 上野この「崩壊試験機」は、サプリメントが体の中で溶ける様子を調べる装置です。
速やかに溶けてほしいもの、ゆっくり溶けてほしいもの、胃では溶けず腸で溶けてほしいものなど・・・ 「体内効率設計」は、私たちファンケルだけのこだわり。胃液や腸液を模した試験液を使って、繰り返し研究しているのは、せっかく摂ったサプリメントも体の中で適切に溶けなければ体外に排泄されてしまい、十分に効果を発揮できないからです。 
そのため、この装置で適切に溶けることができない錠剤は、また一から設計し直すことに!!研究員の私たちは、日々そんな緊張感をもってこの「崩壊試験機」とにらめっこをしています。

次回は、#4「コンパクトケース開閉耐久試験機」です。お楽しみに!

■関連動画

ただアレする機械たちが続々登場!
ファンケル総合研究所を、スーパードローンで自由自在に飛び回る!
ぜひこちらもご覧ください。

この記事をシェアする

  • LINE